誰も住む予定がない  −空き家(ご実家・地元の家・田舎)の売却・処分−

実家の親が亡くなってしまった・・・。

 

私たち子供たちは、みんなそれぞれに独立してしまっているので、

今後地元の家には、子供たちは誰も住む予定がない。

 

この様なご相談が、

相続登記のご相談の際に出てこられるケースがあります。

 

 

しかも、子供さん方はそれぞれ遠方に住んでおられるケースが多い。

ご本人さん達にとっては、意外と手間取ってしまうパターンです。

こちらの(兵庫県の)地元に帰ってくる交通費や時間の負荷が少なくないからです。

 

地域地域の地元の家や田舎の物件については、

その地域地域の信頼できる不動産会社に依頼をかけるのが一番得策のように感じます。

 

やはり、土地勘や購入希望の要望があった際に、すぐに動くことのできるのは、

地域地域の業者さんであるからです。

また、その際には、専門職ルートのほうが、より一層安心度は高いかと思われます。

どこの業者さんがどのように長所があるのか、あまり知っておられないケースが多く、

あまりに商売優先の比率が高い対応をされてしまっては、せっかくの実家が勿体ないからです。

 

 


そして、ご実家や田舎の物件を売却を検討される際に、

不動産仲介の仕組み・システムを正しく理解されておかれる事はとても大切です。

 

不動産の売買においては、土地や建物を日曜大工ホームセンターのように並べる事はできません。

インターネット上の価格比較サイトのように羅列してしまうのも、少し情報の信ぴょう性が不安になります。

 

そこで、不動産情報については、建設省と公益財団法人不動産流通近代化センターが共同開発した、

コンピューター・ネットワーク・オンラインシステムであるレインズというものがあります。


その不動産流通標準システムの レインズ(REINS)というものが全国的に整備されています。

(*レインズ(REINS)は、REAL ESTATE INFORMATION NETWORK SYSTEM の略称です。)



以下、『公益財団法人 不動産流通近代化センターHP レインズより抜粋させて頂いています

 

全国に大型汎用機(ホストコンピュータ)を設置し、会員不動産業者の端末機(パソコン)と結び、物件の登録検索等をすべてオンラインで迅速に処理しています。会員はパソコンを使用するIP型会員とマークシートを使用しファクシミリ通信をするF型会員の2種類があります。


土地や中古の住宅を売りたい方や、逆に買いたい方は、通常、不動産業者(宅地建物取引業者)に相手方や物件の検索を依頼します。これを「媒介」と呼びますが、この検索は従来は、店頭への貼紙、新聞広告、知り合いの業者での情報交換などに頼っていましたが、これでは迅速性に欠け、また一部の人にしか紹介できませんでした。この欠点を改め、広く迅速に相手方や物件の検索を行うために、平成2年5月からレインズが導入されました。』


全国的に、オンラインのリアルタイムで、不動産情報をチェックすることのできるシステムというものです。

そして、不動産会社(仲介業)の方々は、その情報システムを元に仕事をされている。という事になります。


土地や建物の売却を不動産会社に頼む ≒ レインズに不動産の情報を登録して頂く

という事になります。

 

 

そして、今度はその物件を買いたい方から見てみます。

買主候補者さんが、その不動産情報を、インターネット、広告、業者の情報、等々から得ます。

 

そして、その不動産購入を頼む = 売主さんが任せた不動産会社へ連絡を取って、

今の状況をお伺いするという事になります。

売主さんと買主さんの不動産会社が同じ会社になるケースもあります。

 

 

  売主さん  ⇒ 不動産仲介会社  ⇒  レインズ ⇒ 不動産仲介会社  ⇒  買主さん 

 (売却依頼)   (オンライン情報登録)          (オンライン情報提供)  (購入検討)


というのが、売主さんの詳細な物件情報が、買主候補者さんの所に届く大まかな流れになります。

そして、この『 売主さん ⇔ 不動産仲介会社 』 と 『 買主さん ⇔ 不動産仲介会社 』 のそれぞれに、

仲介手数料というものが発生します。

 

不動産業者は、宅地建物取引業法によって、その業務やその報酬については、法律上の決まりがあります。

不動産売買に関する仲介手数料に関しましては、

    200万円以下の金額              100分の5.25

    200万円を超え400万円以下の金額    100分の4.2

    400万円を超える金額                       100分の3.15

となっています。

巷にいわれている、  一般的な物件価格 3% + 6万 + 消費税   の計算式は、

400万円以上の物件の速算法になります。

 

具体例として 1500万円の物件について、計算をしてみましょう。(消費税は5%とします)

 

  速算法   1500万×0.03(=45万)+6万=51万  ×1.05 = 53.55万

  正規法   200万×0.0525(=10.5万) + 200万×0.042(=8.4万)

             +1100万×0.0315 (=34.65万)      = 53.55万


となります。

 

大まかな仕組みと費用は以上の通りとなります。

 

 

 

最近よく聞かれるようになった、個人間売買親族間売買といったものは、

この双方の不動産仲介手数料といったものが、発生しないことになります。

 

個人的には、

仲介業者に入って頂いた方がよいケース(特に、重要事項説明の部分において)かどうかの、

見極めをご自身たちでしっかりとされる事が一番大切かと思います。

 

また、

ご親族やよく知っておられるお隣さん以外の第三者の方であれば、

極力不動産仲介業者の方に入っていただいた方が、

いろいろな将来のリスクの面からは有効と感じます。

 

ここの部分も、両者の方々の納得の下準備が必要な部分です。

 

 

 

また、買い上げ(買取)といって、直接不動産会社に、その物件を買い上げて頂く方法もあります。

 

その際には、買取ということになりますので、仲介手数料といったものは発生しません。

ただし、通常の価格よりはどうしても安くなってしまうことは覚悟しないといけないかもしれません。

なぜなら、買取をした後で、リフォーム等をしてから再度売却をしていかないといけないので、

あまりに高い価格で買ってしまうと、不動産会社としては赤字となってしまうからです。

 

 

・・・ 以上にお伝えさせて頂いた様な、正しい知識を理解されたうえで、

ご実家や田舎の家・物件についての、売却・処分を検討されていかれればよいかもしれません。

また、前提として、亡くなった方の名義については相続登記は必要ですので、そちらの話し合いも必須です。

 

 

ご実家や田舎の家・物件というものは、

当人さん方にとっては、他人がわかることのない思い出やいろいろな思い入れがあるものと感じます。

 

スッキリとした結果になっていかれることを願っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▲このページのトップに戻る